fc2ブログ
からだドットこむ
下半身からのお悩み相談所/改善・解消
時間が空いたので -111-

鳥の唐揚げ定食 800円
凄い米の量
糖質制限ダイエットをしている人には
嘘のような量でしょうね。

米の茶碗にたいして味噌汁の小ささと言ったら…

やっつけてやりましたよ!
こちらのお店
渋谷 桜丘 虎うまと言うお店のランチメニュー
美味い!安い!多い!
脚線美と靴と足の関係 -110-
足の動き

靴選びに時に注意しなくてはいけないことがあります。

1.踵で合わせ左右しっかりと足を通し紐を結ぶこと

2.荷重したときに程よく足に動きがあること

この靴が可愛いから。かっこいいから。と言って足に合わないシューズや靴は

身体を傷つけます。

それは昨日のお話の中で書いていますが。

最近はフィットネス女子が増えていますが。

身体を動かすうちにどこかが痛くなったり。

効果が全く出ない。

というご意見を頂戴しますが。

単純に自分のパフォーマンス以下でトレーニングしていても効果が上がりませんし。

逆に無駄な筋肉ばかり使うので足は太く、弛んでいるように見えるというのも珍しくないわけですが

綺麗な脚を作るにはしっかりと足下の見直しをすることが重要です。

しっかりとした靴選びは綺麗な脚づくりの土台です。
脚線美と靴と足の関係 -109-
綺麗な脚を目指すには靴の履き方から改めましょう。

通常の靴と踵の踏まれた靴の比較を図で表してみました。

足の動き

靴やシューズは踵で履く。

踵がしっかりと留まっていれば

足にスレやタコの原因を軽減することだけに限らず

足趾(足の指)がしっかりと使うことが出来るようになるため

これまでお伝えした「浮き指」と呼ばれる疾患からケアすることも出来ます。

これは大きなシューズを履いた時にもいえることで

靴やシューズまたはヒールなどが大きいと前方に移動してしまうため

足趾をリラックス出来ない。緊張した丸まった脚や

足の指をつくことが出来ない浮き指などの症状が生まれやすくなります。

踵をしっかりと合わせて履くことは脚線美を作ること。

また、腰痛、膝痛、肩こりから改善することにつながります。

靴べら利用を推進いたします -108-
靴べらを使いませんか?


靴は踵で履く。
綺麗な脚、強い脚の土台となる靴
綺麗なお尻や脚はしっかりと靴を履くことで
トレーニング効果が上がります。
汚い脚なのはごめんなさい…
ゴルフシューズにインソール -107-

スイングにマッチするブレないゴルフシューズを作製
なかなか最近はシューレースタイプがないので
作りごたえがありますよね!
脚線美人を目指す! -106-
胼胝と呼ばれる足裏のタコ

これが良くできる人は

2点

そのタコが出来る周辺に力を入れて立っているまたは歩いている人たちです。

本来は足の指の腹の部分がつくことで歩いていくことができますが

指が浮き上がっているため過剰に使われるため

足の裏の皮膚が硬くなってしまいます。

足の裏にタコが出来てしまい痛くて取らないと歩けない・・・

胼胝と呼ばれるタコが原因で膝痛や腰痛を引き起こすケースも珍しくないので

足裏のアーチ強化は重要な作業となります。

脚線美人を目指す! -105-
fc2blog_20161007222209c1d.jpg
fc2blog_20161007222402551.jpg

昨日の動きを繰り返し出来ることはとても重要です。

3点

足の裏は

上記画像の☆の位置で荷重を支えることで外部からの衝撃を和らげることが出来ます。

しかし握りこむという上の動作が出来ないことで

指が浮き上がり

2点

2点で重心を支え始めると、無駄な刺激を受けて筋肉が太く成長しやすくなります。

脚線美人を目指す! -104-
脚線美人を目指すために足裏の活性化エクササイズ

タオルに足を置き

しっかりと握りこむべし!!
いたって簡単、安価で出来るエクササイズ!
ヒールを履く女性は足趾を反らす動きは得意ですが
握りこむ動きが大の苦手。
苦手の動きを克服する事が脚線美人を創りあげます。
ただこのタオルギャザーと言うエクササイズは脚トレの一部
これだけでは綺麗な脚は手に入れられません。
インソールも製作してます -103-

インソールとは
靴の中敷のことです。
足の裏の歪みは万病の元
綺麗な足を維持するには足の裏から整えてあげる必要があります。
足が暴れない足裏環境の快適化は
忙しい現代人には必須です。
出張致します -102-

もはや田舎のヤンキー状態です。
本日のお客様はゴルフをこよなく愛する男性
出張で家の軒先をお借りし
その人オリジナルのカスタムインソールを
ゴルフシューズ用に製作いたしました。

なんの変哲も無いように見えるこのゴルフシューズ
今回は違う角度から調整しております。
履いた人しか実感が伝わら無いのが残念です。