fc2ブログ
からだドットこむ
下半身からのお悩み相談所/改善・解消
ゴルフを楽しむ腰痛改善トレーニング -301-
ゴルフを楽しむためにトレーニングしましょう!
私、伊藤 憲吾は先日ゴルフの無料体験レッスンに初参加してまいりました。
学生時代の部活動で椎間板ヘルニア
先日は急性腰痛症(ぎっくり腰)の私ですが
今は痛みが全く無い状態です。
元気な身体って本当に素晴らしいですね。



さてさて今回は
前回の腰回りのエクササイズの続き。
インナーマッスル
アウターマッスル
の2種類の筋肉はお伝えしたかと思います。
ゴルフを楽しむ腰痛改善トレーニング
インナーマッスルは主に関節を制御する筋肉
アウターマッスルは主に動きをつくり出す筋肉
という形でご案内しています。
shakehands.jpg
この両方の筋肉はお互いバランスがとれている状態
が痛みの少ない状態であり
どちらか一方が強すぎても、弱すぎても均衡が崩れてしまうため
痛みとなって身体に不調をきたすことも珍しくありません。


良くフィットネスクラブに来館されるお客様の話では
腰痛には腹筋を付けましょう。背筋を付けましょうという言葉を
耳にする事も珍しくないのですが
前述したようにお互いのバランスが取れての腰痛改善ですので
腹筋をガシガシやったり背筋をガシガシやっている方もいらっしゃいますが
根本を間違えると怪我のリスクを上げることにつながります
健康のためにフィットネスクラブに通ったのに
逆に不健康になってしまったなんてよくある話です。
ではまず腰痛を患ったときは何をしたらよいのでしょうか。
私がまず実践して欲しいと思っているのは 「呼吸」 です。


なぜ呼吸を実践して欲しいのか
呼吸がしっかり出来るかで腰回りのインナーマッスルを有効活用できるようになります。
腰を保護するインナーマッスルとしては
腹横筋
多裂筋
骨盤底筋
横隔膜
の4種類の筋肉が同時に動く必要があり。
横隔膜は吸うと引き下がり吐くと元の位置に引きあがるので
oukaku.jpg
動かなくなるとその他の3つの筋肉も動かなくなるので
お客様の腰痛改善には世間で言う腹式呼吸の確認
腹横筋、多裂筋の出力チェックを行ったうえで
前回おこなったエクササイズを行い
ゴルフを楽しむ腰痛改善トレーニング
インナーマッスルの強化を行った上で
アウターマッスルのトレーニングを実施させて頂きますので
トレーニング初心者にも不安無く実践出来るのではないでしょうか。
スポーツを楽しむことに年齢は関係ありません。
病院行っても湿布をもらったり
整骨院に行っても電気を付けれるだけ
他人の力ではなく自活する腰痛改善方法を習得してください。
ゴルフに限らず腰痛のお悩みの方は
一度身体を一緒に動かして見ませんか?
皆さんのお力になれるよう最善の努力を致します。
ご連絡はいますぐお問合せフォームまたはメールを送るまで。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する