FC2ブログ
からだドットこむ
下半身からのお悩み相談所/改善・解消
体重計とにらめっこしましょう -305-

炭水化物の取り過ぎは太ります
ただ炭水化物(ブドウ糖)の取らなさすぎは
健康を害するかまたは死に至ります。

太りたく無い。美意識を高めたいなら
適切な栄養を身体にいれましょう


ダイエットとは・・・

ブドウ糖コントロールはダイエットには必要です。
ただ前回のお話にもあるようにブドウ糖は脳唯一の栄養素でもあります。
生きている限りブドウ糖無しの生活はありえないのです。

グラフ

このグラフは健康に痩せるための
ブドウ糖コントロールする考え方を表してみました。
人にはそれぞれブドウ糖摂取の限界があり

余剰分は中性脂肪に変わって身体に蓄積されます。
ボーダーラインを超えないようにコントロールが必要です
私ならどれだけ摂ったら大丈夫なのか・・・???


こればかりは皆さんの身体では無いのでわかりません

はぁ??

と思われるかもしれませんが
人によって生活も環境も全て異なるからです。
それ故に痩せるためには

食生活の把握+体重の管理

が重要になります。


ダイエット、シェイプアップしたい!という皆さん
あなたは自分の体重、体脂肪率を把握していますか??
それが管理できないと体脂肪を減らすことは困難です。

taijyuukei.png

ここで注意して置きたいことは。
体脂肪率に着目して
体重の増減に捉われないことです。

なぜなら、筋肉は脂肪よりも重く
代謝をあげるため筋トレを行っている場合
脂肪は減っているのに筋肉が増えてしまったため

こんなに頑張っているのに結果が出ていないの?
という錯覚に陥るからです。


では体重計の数値はどう管理したらいいのでしょうか?

体重の

理想は①です。健康に痩せられている状態
注意してほしいのは②
この状態は痩せている!!と錯覚を起こしますが

実際筋肉量も減っているので健康的に痩せて見えません
絶食などを食を断つ方に多く見られます。
見た目も悪い痩せ方をしたい方はどうぞ。


この組み合わせで筋肉の状態。
体脂肪の状態を参考に調整してみて下さい。

身体を綺麗にかっこよくしたい方はご連絡下さい。メールを送る




コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する